第四回日本翻訳大賞 二次選考対象作品一覧

第四回日本翻訳大賞の二次選考対象となる18作品が決定しました。
(著作名50音順)

『アオイガーデン』ピョン・ヘヨン、きむ ふな訳、CUON
『噓の木』フランシス・ハーディング、児玉敦子訳、東京創元社
『オープン・シティ』テジュ・コール、小磯洋光訳、新潮社
『サイモンvs人類平等化計画』ベッキー・アルバータリ、三辺律子訳、岩波書店
『殺人者の記憶法』キム・ヨンハ、吉川凪訳、CUON
『死体展覧会』ハサン・ブラーシム、藤井光訳、白水社
『ただの黒人であることの重み ニール・ホール詩集』ニール・ホール、大森一輝訳、彩流社
『中国が愛を知ったころ  張愛玲短篇選』張愛玲、濱田麻矢訳、岩波書店
『駐露全権公使 榎本武揚』ヴャチェスラフ・カリキンスキイ、藤田葵訳、群像社
『七年の夜』チョン・ユジョン、カン・バンファ訳、書肆侃侃房
『人形』ボレスワフ・プルス、 関口時正訳、未知谷
『肺都』エドワード・ケアリー、古屋美登里訳、東京創元社
『ビリー・リンの永遠の一日』ベン・ファウンテン、上岡伸雄訳、新潮社
『深い穴に落ちてしまった』イバン・レピラ、白川貴子訳、東京創元社
『星空 The Starry Starry Night』ジミー・リャオ、天野健太郎訳、トゥーヴァージンズ
『マッドジャーマンズ  ドイツ移民物語』ビルギット・ヴァイエ、山口侑紀訳、花伝社
『リラとわたし  ナポリの物語1』エレナ・フェッランテ、飯田亮介訳、早川書房
『私の名前はルーシー・バートン』エリザベス・ストラウト、小川高義訳、早川書房

読者推薦13作品に、選考委員推薦5作品を加えた合計18作品です。
選考対象作は、当HP「日本翻訳大賞とは」に記したとおり、2016年12月1日から2017年12月31日までに日本語に翻訳された公刊物の中から選びました。

書影書影書影書影
書影書影書影書影
書影書影cyu51tbsH3myjL._SX339_BO1,204,203,200_51AlOskIHLL._SX338_BO1,204,203,200_51IJ-p2j59L._SX349_BO1,204,203,200_31317351wsCeZmZPL._SX341_BO1,204,203,200_61jZwfnnZNL._SX358_BO1,204,203,200_

 

広告