受賞挨拶 アンソニー・ドーアとエドゥアルド・ハルフォン

受賞作『すべての見えない光』(藤井光訳/新潮社)の作者アンソニー・ドーアと、『ポーランドのボクサー』(松本健二訳/白水社)の作者エドゥアルド・ハルフォン、それぞれから届いた挨拶を掲載します。


アンソニー・ドーアからのメッセージ
藤井光訳

『すべての見えない光』が第三回日本翻訳大賞の受賞作となったことを、心から名誉に思います。デビューして間もない頃から今まで、僕の作品を日本で出版してくれている新潮社と、心を砕いて翻訳を完成させてくれた訳者の藤井光さんに感謝します。そして何よりも、選考に参加してくださった読者のみなさまにお礼を言いたいと思います。読者なくしては、作家も出版社も存在できないのですから。
翻訳文学に与えられる賞は、とても大事なものです。長編や短篇や詩が、国と国のあいだに何千という扉を開くものだと教えてくれるからです。優れた本は、文化や階級や人種、さらには時間の壁を超えていくことができます。優れた本は、僕たちをふわりと持ち上げ、自分という垣根を超えて、似たような人生を送る隣人であれ、地球の反対側で生きる人であれ、他者の人生に入り込ませてくれます。
本を通じて、人々への共感を培っていきましょう。今、この世界では、他者への共感がかつてなく必要とされています。どうもありがとうございました。

 

 

エドゥアルド・ハルフォンからのメッセージ
松本健二訳

三年前の三月、雨の日の午後、私は京都で訳者の松本健二とはじめて会いました。その日の午後から私たちは共同作業の可能性について話し合い始めました。私はおそらく冗談半分で、三冊を一冊にまとめ直せば日本の読者だけが読める世界でひとつの版をつくれるのでは、と言いました。三冊とも読んでいた健二はすぐさま私の意図を理解してくれました。どれも同じ語り手が同じ探求をしている、合冊には意味があると。しかし本当にそうだろうか? はっきりとそれが分かったのは、健二が翻訳を終え、それが私たちの編集者である金子ちひろさんの手に渡り、彼女がそれを通読したあとで、たしかに意味がある、これはもはや三冊ではなく一冊の小説になっている、と断言してくれた時でした。
翻訳とはいつだって信念のなせる業といえます。作家がなにか言葉を書くと、翻訳者はそれを受け取り、家に持ち帰ります。翻訳者は、ある言語から別の言語に、ある記号体系から別の記号体系に、それらの言葉を元の形のまま同時に変換しなくてはなりません。結果としてそれらは元の言葉でもありながら、同時に違う言葉にもなっている。翻訳とは信念のなせる業、英雄的行為です。
そして、文学作品を出版するのも、信念のなせる業であり、英雄的行為です。あらゆるものがインスタント化されメディアに拡散しているこの時代にあって、もともとは三冊だったらしき小説を合冊にして翻訳するのは、なかなかの勇気を要することです。しかもその作者はグアテマラ人なのにグアテマラに住んでいないし、ユダヤ人なのに自らをユダヤ人と思っていないし、題名になっているポーランド人ボクサーなど実際には作品中で一度も姿を現さないのですから。
自分には英雄と呼べる人物はほとんどいません。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師か野球選手くらいでしょう。あるいはジャズ・ミュージシャン。あるいは私の作品を訳してくれた人々と編集者。グラシアス、健二、グラシアス、ちひろさん。

第三回日本翻訳大賞受賞作 決定

第三回日本翻訳大賞の選考会が平成29年4月9日(日)早稲田で行われ、候補作品の中から『すべての見えない光』(アンソニー・ドーア/藤井光訳 新潮社)『ポーランドのボクサー』(エドゥアルド・ハルフォン/松本健二訳 白水社)が受賞作に決まりました。


9784105901295_200.jpg
  33439669.jpg

授賞式&トークイベントは2017年4月23日(日)、デジタルハリウッド大学  駿河台ホールで開催します。
________________________________

<第三回日本翻訳大賞授賞式>
【日時】2017年4月23日(日) 14:30開演(16:30閉会)
【会場】デジタルハリウッド大学  駿河台ホール
【内容】選考委員全員が壇上で座談会的に総評、受賞訳にたいする選評、受賞者挨拶、受賞者と委員の対談、朗読等々イベントとしてもお楽しみいただける内容を予定しております。(受賞者の意向や諸事情による内容変更はあらかじめご了承ください)
【チケット】Peatixで予約受付中。
http://nht3.peatix.com
【料 金】1,000円 (税込・全席自由)   ※チケット代金は日本翻訳大賞の運営費に充てさせていただきます。

________________________________

授賞式は、選考委員が選考会を振り返る座談会や、受賞作に関するトーク、受賞者との対談など、翻訳に関するイベント満載のカジュアルな式を企画しています。ぜひ、お気軽にご参加ください!

第三回日本翻訳大賞最終選考候補作品

第三回日本翻訳大賞の最終選考対象作が下記の6冊に決まりました。
(作品名50音順)


『あの素晴らしき七年』エトガル・ケレット/秋元孝文訳、新潮社

『狂気の巡礼』ステファン・グラビンスキ/芝田文乃訳、国書刊行会

『すべての見えない光』アンソニー・ドーア/藤井光訳、新潮社

『堆塵館』エドワード・ケアリー/古屋美登里訳、東京創元社

『ペーパーボーイ』ヴィンス・ヴォーター/原田勝訳、岩波書店

『ポーランドのボクサー』エドゥアルド・ハルフォン/松本健二訳、白水社


書影

書名:『あの素晴らしき七年』
著者:エトガル・ケレット(著)、秋元孝文(訳)
出版:新潮社

書影

書名:『狂気の巡礼』
著者:ステファン・グラビンスキ(著)、芝田文乃(訳)
出版:国書刊行会

書影

書名:『すべての見えない光』
著者:アンソニー・ドーア(著)、藤井光(訳)
出版:新潮社

書影

書名:『堆塵館』
著者:エドワードケアリー(著)、古屋美登里(訳)
出版:東京創元社

paperboy
書名:『ペーパーボーイ』
著者:ヴィンス・ヴォーター(著)、原田勝(訳)
出版:岩波書店

El boxeador polaco
書名:『ポーランドのボクサー』
著者:エドゥアルド・ハルフォン(著)、松本健二(訳)
出版:白水社


受賞作は4/10(月)正午に公式サイトとツイッターにて発表予定です。

翻訳者への質問を募集します

3/31の19:30から御茶ノ水のデジタルハリウッド大学にて行われるトークイベント翻訳ナイト:第一夜「翻訳したい本・翻訳する本」にて、出演する翻訳者(金原瑞人、岸本佐知子、柴田元幸、西崎憲)への質問を事前に募集しています。

#翻訳ナイト とハッシュタグをつけて、質問をツイートしてください。
イベントで、いくつかの質問をピックアップして、出演者が回答する予定です。

イベントのご予約はこちら→ http://peatix.com/event/247249

第三回日本翻訳大賞授賞式の予約スタート

4月23日に行われる「第三回日本翻訳大賞授賞式(&トークイベント)」の予約がスタートしました。
下記サイトで受付しています。
http://nht3.peatix.com/

授賞式は、選考委員が選考会を振り返る座談会や、受賞作に関するトーク、受賞者との対談など、翻訳に関するイベント満載のカジュアルな式を企画しています。ぜひ、お気軽にご参加ください。

翻訳ナイトの予約スタート

翻訳ナイト:第一夜「翻訳したい本・翻訳する本」の予約がスタートしました。
下記サイトで受付しています。

http://peatix.com/event/247249


【イベント詳細】

2017/03/31 (金) 19:30 – 21:30(デジタルハリウッド大学一般教室)

その年に発売された翻訳書の中から最もおもしろい作品を決定する日本翻訳大賞。 第三回大賞発表を前に「翻訳ナイト」を開催! 翻訳を審査する難しさ、翻訳の醍醐味、楽しさ、難しさなど、 翻訳や小説に興味がある人にとって刺激的な話になるでしょう。

出演は、日本翻訳大賞選考委員であり翻訳家である金原瑞人、岸本佐知子、柴田元幸、松永美穂、西崎憲の各氏。 司会進行はデジタルハリウッド大学客員教授の米光一成でお送りします。

第三回日本翻訳大賞スケジュール

授賞式までのスケジュールが決定しました。


3/23(木)正午 「最終選考5作発表」
3/31(金)「翻訳ナイト 中間発表会 」(デジタルハリウッド大学一般教室)開場19:00開演19:30
4/9 (日)最終選考会
4/10(月)正午 受賞作発表
4/23(日)授賞式(デジタルハリウッド大学駿河台ホール)開場14:00開会14:30