第七回日本翻訳大賞の最終選考対象作品

第七回日本翻訳大賞の最終選考対象作品が、以下の5作品に決まりました。


アコーディオン弾きの息子』(ベルナルド・アチャガ、金子奈美訳、新潮社)
『失われたいくつかの物の目録』(ユーディット・シャランスキー、細井直子訳、河出書房新社)
『1984年に生まれて』(郝景芳、 櫻庭ゆみ子訳、中央公論新社)
『フライデー・ブラック』(ナナ・クワメ・アジェイ=ブレニヤー、押野素子訳、駒草出版)
『マーダーボット・ダイアリー 上・下』(マーサ・ウェルズ、中原尚哉訳、創元SF文庫)

(作品名50音順)


受賞作は、5月18日(火)発表を予定しています。