第七回の選考委員について

2021年1月15 日(金)から始まる第七回日本翻訳大賞の選考は、岸本佐知子・斎藤真理子・柴田元幸・西崎憲・松永美穂の5名で行います。第一回から第六回まで選考員を務めた金原瑞人は、一旦降板。第六回でゲスト選考委員として加わった斎藤真理子は今年も参加します。

日本翻訳大賞の選考対象は、「選考委員が翻訳した物、翻訳に協力した物、解説・帯の推薦文等を書いた物も対象外」となりますのでご留意ください。


翻訳ラジオ

第六回の授賞式が開催できないため、「翻訳ラジオ」と題して1/10(日)から1/14(木)まで五夜連続の生放送をお送りします。音声配信アプリ〈stand.fm〉にて、毎晩21:00から生放送。第六回日本翻訳大賞受賞者の阿部大樹・須貝秀平・加藤有子による朗読から、選考員による作品評、対談、翻訳四方山話まで充実の放送を予定しております。詳細はこちら

第七回日本翻訳大賞

第七回日本翻訳大賞の読者推薦は、2021年1月15 日(金)から1月31日(日)まで募集致します。詳細はこちらをご覧ください。